読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 55歳から学ぶ理科

生命のルーツを知ることは自分を知ること。生命の不思議で人生ワクワク致しましょう!

№178📕ゴリラから学ぶ信頼関係の構築

新第三紀

お元気ですか。少年シニアです。

その迫力ある風貌から凶暴な生き物として扱われがちなゴリラ。しかし知れば

知るほどゴリラほど繊細で家族的な生き物はいないことがわかります。

そして、接し方によってゴリラと人間とは友情を築くことが可能であることも

本書を読めば理解できます。

ゴリラに会いに行こう―チサトのゴリラ日和

ゴリラに会いに行こう―チサトのゴリラ日和

 

                                                             🐵

 著者の阿部ちさとさんは、そんなゴリラの優しさに魅せられて、ゴリラが展示されている国内の動物園を渡り歩くだけでなく海外の動物園、はては野性のゴリラに会って、ゴリラの絵を描き続けています。

その阿部さんが絶賛するのが英国の片田舎にある「ハウレッツ動物園」。ここではゆったりしたスペースの中、複数の頭数からなる家族単位でゴリラが生活しています。

(日本国中の動物園で展示されている数をあわせても、本動物には及びません!)

そのため本動物園ではリラックスしたゴリラの生態を観察することができます。たとえばゴリラが著者の顔を見て笑ったという話。(失礼なと思いつつも大いに感動したそうです)。また夕飯前、気分よさそうなゴリラの歌を聴いた話。そんなエピソードが本書では数多く紹介されています。

                  🐵              🐵

 ゴリラの家族は、1頭の力のある雄を中心に数頭の雌とその子供達で形成されます。雄の仕事はなかなか大変で、グループ内のもめ事を仲裁したり、他のグループや天敵から家族を守るなど多岐にわたります。時には遊びざかりの子供の相手をしてやるなど「イクメン」の側面もあります。父親は3〜4歳のこどもたちを叱ることはほとんどないそうですが、自立期にはいるときっぱりと厳しくしつけるそうで、このあたりは人間の父親も見習わなくてはなりませんね。

            🐵           🐵       🐵

  こんな理想の動物園を創り上げたのはジョンアスピナール氏。カジノの経営者でもあり、カジノで儲けたお金をこの動物園の運営に惜しみなくつぎこんでこられた方です。

彼の動物への愛情ははんぱではありません。動物園の運営にとどまらず、ここで生まれたゴリラのこどもたちをコンゴやガボンの自然の森に帰そうという試みも実践されました。両国の政府とも協力して、最初はハウレッツの飼育員や現地のキーパーの世話を受けながら、こどものゴリラは森で自立するノウハウを学ぶのだそうです。

この活動の先頭にたったアスピナール氏は、15年ほど前に病気で他界しましたが、今も彼の意思をついだ人達の手によって、この活動は継続されているそうです。

 たまたま彼が森に帰したこどもたちのゴリラに5年ぶりに再会する動画がアップされていました。動物園の様子も収録されており少々長いですが興味のある方はごらんください。ゴリラ達は子供の頃に世話になったアスピナール氏を忘れてはいませんでした。


Human and Gorilla Reunite after 5 years 60 Minutes Australia June 3rd 2012

 

絶滅の危機にさらされているゴリラたち。動物園の中だけでなく、保護地区で人間の保護を受けながらでもいいから本来の彼らの故郷である広大な自然の中で、のびのびと生きてほしいと切に願っています。