読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 55歳から学ぶ理科

生命のルーツを知ることは自分を知ること。生命の不思議で人生ワクワク致しましょう!

宇宙銀河

№1〜12 ✒ 宇宙・銀河のおさらい

今回は、今まで学んだきた宇宙〜銀河について少年シニア風にまとめてみました。 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 夜空に輝くあまたの星々 天の川銀河が見せる極上の美の世界 天の川銀河には 直径10万光年の中に1000億とも2000億ともいわれる星がある でも銀河…

№⒓📕大切なものは見えにくい

【使用教材】書名 星の王子さま 著者 サン=テクジュぺリ 訳者 内藤 濯 2000年6月1刊 岩波書店 ★ 我々人類は宇宙の物質・エネルギーの正体を、たった4%しか知りません。残りの96%は、ダークエネルギーやダークマターという目にみえぬもので宇宙は構成され…

№11+🚀宇宙博はおいしい(未来展示編)

前回に引き続き幕張で開催されている宇宙博2014について記します。今回は今後未来にむけての宇宙開発の展示を中心に。まずこちら。 宇宙関連企業シェラ・ネバダ社が開発した有人宇宙船「ドリームチェイサー」の模型です。2016年11月に無人飛行テストが実施さ…

№11🚀宇宙博はおいしい (実績展示編)

7月19日から幕張メッセで開催されている「宇宙博2014」に行ってきました。結論から言うと、とてもおいしかったです。私が尊敬している荒俣宏さんの新刊「喰らう読書術」によれば、読書は毎日欠かすことができないという意味において食事と同等の価値があるの…

№10📕元素の誕生と生命について

【使用教材】 書名 美しい元素 学研教育出版編 2013年10月8日刊 学研教育出版> ★ いきなり問題です。地球を構成する元素の中で最も多いものは何でしょう? 地球は水の惑星で大半は海なので酸素では? いや生命の星なんだから炭素なのでは? 地球の約35%が…

№9+🎥続すばる望遠鏡に託す夢について

すばる望遠鏡誕生 - YouTube 前回同様すばる望遠鏡誕生がテーマですが、今回は動画のご紹介と短い所感を記します。 すばるがとらえた極上の銀河や星々の画像 極めてハードルの高い研磨作業や、万全を期して運搬する際の大変な労苦 不可能といわれた8.2メ…

№9📕すばる望遠鏡に託す夢について

【使用教材】すばる望遠鏡の宇宙 ハワイからの挑戦 著者 海部宣男 宮下曉彦(写真)2007年7月20日刊 岩波書店 ★ 前回日本が誇る「すばる望遠鏡」が約129億年前の銀河をとらえたことは記しました。本書は、この偉業を成し遂げた「すばる」が、どのような苦労…

№8📕最初の星を見つける野望について

【使用教材】書名 宇宙の「一番星」を探し て 著者 谷口義明 2011年11月30日刊 丸善出版 ★ 何でも最初というのは大きな意味をもちますね。最初に月に着陸したアームストロング 最初の女性宇宙飛行士テレシコワ 多くの人がそのことを知っています。でも宇宙で…

№7📕星空を眺める贅沢さについて

【使用教材】書名 星空がもっと好きになる 著者 駒井仁南子 2011年10月25日刊 誠文堂新光社 ★ こちら表紙に「ガールズ・スターウオッチング・ブック」と記されておりますが、55歳のおやじはそんなこと一切気にしません。中を開くとそのコンセプトに相応しい…

№6📕星の潔い死にざまについて

【使用教材】書名 オリオン座はすでに消えている 著者 懸(あがた)秀彦 2012年⒓月8日刊 小学館(新書) ★ 本日のテーマは星の死です。本書の題名はオリオン座はとなっていますが、主役はオリオン座を構成している一等星 べテルギウスです。本書は、SF小説…

№5📀宇宙望遠鏡という芸術品について

【使用教材】ハッブル宇宙望遠鏡が見た美しすぎる宇宙DVDブック 監修 渡部潤一(国立天文台理学博士) 2014年1月13日刊 宝島社 ★ 最近ではまゆつばの「美しすぎる〜」が散見されますが、こちらは正真正銘の美しすぎる宇宙が味わえます。「芸術は爆発だ!」…

№4📕包括的な宇宙観の大切さについて

【使用教材】空海とアインシュタイン 著 者 広瀬立成 2006年3月3日刊 PHP研究所 ★ 今回は違った切り口でのアインシュタインものです。空海とアインシュタイン?どんな接点がと思いますよね。私もそう思いました。でも何か面白そうな気配がむんむん。空…

№3📕アインシュタインの凄さについて

【使用教材】アインシュタイン丸かじり 著 者 志村忠夫 2007年3月19日刊 新潮社 ★ アインシュタインが凄い人だということは承知していても、どこが凄いのか今まで正直わかっていませんでした。しかし、著者に言わせるとアインシュタインの偉業は、「全く無名…

№2📕驚くべき宇宙の広大さについて

【使用教材】書名 宇宙その始まりから終わりへ 著者 杉山直 2003年6月25日刊 ★ 「主題が明確」「順序だった構成」「著者の情熱が溢れでている」 この3つの条件を満たしている本が私にとっての良書です。本書はこの条件をすべて満たしてくれています。「科学…

№1📕宇宙規模の歴史の意義について

【使用教材】書名 137億年の語 著者クリストファー・ロィド 訳者 野中香方子 2012年9月10日刊 文藝春秋 ★ 宇宙が誕生したのが137億年前のことだと言われています。それから今日までの全歴史を点ではなくつながりで考えまとめたのがこの本です。歴史の教科…