読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年シニア 55歳から学ぶ理科

生命のルーツを知ることは自分を知ること。生命の不思議で人生ワクワク致しましょう!

デボン紀

№89〜99 デボン紀まとめ

お元気ですか。少年シニアです。今回はデボン紀を今一度振り返りまとめとします。 デボン紀(約4.16〜3.59億年前)は魚類の時代と言われていますが、逆に言えば、 それまでは、顎の発達していない魚類たちは海の主役ではありませんでした。 イカやオウム貝…

№99📕 進化の鍵を握る両生類有尾目について

お元気ですか。少年シニアです。 小学校の教科書に掲載されていた井伏鱒二の「山椒魚」は今も記憶に残っています。 「山椒魚は悲しんだ」で始まる山椒魚の倦怠と絶望のお話。岩屋にいた山椒魚が自分 の体が大きくなっているのに、2年間じっとしていたため岩…

№98📕備えあれば憂いなしを証明した上陸者

お元気ですか。少年シニアです。 前回は、魚たちが上陸するバッググラウンドとして陸の上で、また海の中でどのよう な環境変化が起きていたかについて触れました。 今回は、上陸し両生類の先祖となった魚の側から話を展開していきます。 手足を持った魚たち―…

№97📕脊椎動物の上陸を後押しした環境について

お元気ですか。少年シニアです。 はじめて月に上陸したときアームストロング船長はこういいました。 「これは一人の人間にとってはささやか一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍だ」 実はこれ以上の歴史的な一歩が、約3億6千万年前にありました。 我々と同…

№96📕アンモナイトはイカした奴だ!

お元気ですか。少年シニアです。 古生物の中で恐竜・三葉虫と並んで人気のあるアンモナイト。 こちらもデボン紀(約4億年前)から多様化を進め、白亜紀末(約6500万年前) に恐竜とともに絶滅するまで約3億年以上にわたって繁栄しました。 この期間の長さは…

№95📕ああ、そうなんだ 魚講座!

お元気ですか。少年シニアです。 約4億年前のデボン紀は「魚類の時代」と言われています。 強力な顎を獲得して魚類は喰われるものから、一転喰う者に立場を替え 海を支配したからです。さてわが日本は「魚大国」。 寿司のネタを含め、これだけ魚を愛で食べ…

№94シーラカンスは4億年生きてきた(後編)

お元気ですか。少年シニアです。 今回も引き続き、再び我々の前に姿をあらわしたシーラカンスのお話です。 1952年、最初の発見から14年ぶりにシーラカンスがコモロ諸島近海で再び発見されると、更なる研究や展示を目的に捕獲運動が加速していきました。1954…

№93📕シーラカンスは4億年生きてきた(前篇)

お元気ですか。少年シニアです。 これまでデボン紀の「陸の生き物」についてご紹介しましたが、今回は久しぶりに 海に戻ってみます。主役は、あの生きた化石「シーラカンス」です。 「四億年の目撃者」シーラカンスを追って (文春文庫) 作者: サマンサ・ワイ…

№92📕ダニにもいろいろありまして・・

お元気ですか。少年シニアです。 鋏角類の仲間で、蜘蛛と並んで約4億年間大繁栄してきた生き物 それがダニです。デボン紀中期の地層からダニの化石が見つかっています。 蜘蛛以上に忌み嫌われているダニですが、こちらも相当誤解があることが 本書によって…

№91📕攻守のバランスで4億年を生き抜く蜘蛛

お元気ですか。少年シニアです。 四億年前のデボン紀は魚の時代ということは、前回でも触れました。 それでは、地上の世界ではどうなっていたのか。 実は、脊椎動物に先立ち上陸していた無脊椎動物の中で、蜘蛛がその後の大繁栄に 向けて基盤を着々と築いて…

№90📕恐ろしいサメは海の生態系の守護神だった

サメ ?海の王者たち? 作者: 仲谷 一宏 出版社/メーカー: ブックマン社 発売日: 2011/09/07 メディア: 大型本 クリック: 1回 この商品を含むブログ (4件) を見る お元気ですか。少年シニアです。 高校生の頃「ジョーズ」という人間を襲う巨大サメの映画をみて…

№89📕魚類が脊椎動物発展の扉を開けたデボン紀

デボン紀の生物 (生物ミステリー (生物ミステリープロ)) 作者: 土屋健,群馬県立自然史博物館 出版社/メーカー: 技術評論社 発売日: 2014/07/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る お元気ですか。少年シニアです。 今回から魚類が海洋生態系のトッ…